PCBの分析や運搬、産業廃棄物の運搬、リサイクル事業、化学品事業、油剤事業のことならお任せください。

製品情報(PCB運搬事業)

PCBについて

PCBとは

Poly Chlorinated Biphenyl (ポリ塩化ビフェニル)の略称で、絶縁性・不燃性などの特性により、かつてはトランス・コンデンサといった電気機器をはじめ、幅広い用途に使用されていました。
しかし、発がん性や環境中で分解されにくく生物濃縮しやすいことなどが社会問題化したことから、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」が制定・施行され厳格な管理が義務付けられています。
この法律では、事業者に対しPCBやPCBに汚染された廃棄物を適正に保管すること、平成39年3月31日までに処分を完了することなどが定められています。

低濃度PCBと高濃度PCBの違いについて

PCBの製造は1974年に中止されましたが、2002年にPCBを使用していないはずの電気機器の絶縁油に微量のPCBが含まれている事が判明しました。このごく微量の混入により汚染された廃棄物は微量PCB廃棄物と呼ばれましたが、2012年からは、この微量PCB廃棄物とPCB濃度が0.5~5,000mg/kgの廃棄物とを合せて、低濃度PCB廃棄物と呼ばれています。低濃度PCB(微量PCB)と対比して、PCBそのものを意図して使用したものが高濃度PCBと呼ばれています。

高濃度PCB廃棄物と低濃度PCB廃棄物について

高濃度PCB廃棄物 低濃度PCB 廃棄物
メーカーが意図的にPCBを使用したトランス・コンデンサ・安定器・感圧複写機や、ウエス等の汚染物 PCBを使用していないとされる電気機器のうち、微量のPCBが検出されたもの
PCBで汚染された油・木くず・紙くずなど
(PCB濃度0.5~5,000ppm)
全国5カ所にあるJESCOの事業所で処理 国や県の認定を受けた民間の無害化処理施設で処理

▲ページトップへ戻る

PCB関連の電話でのお問い合わせはこちら 0566-35-3027 この製品のメールでのお問い合わせはこちら